Yoga Indulge

日々を楽しむ yogaのこと 好きなこと
姪浜でヨガレッスンしています
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 聴く瞑想

JUGEMテーマ:ヨガ

 

月一で行われる茶道の研究会後の出来事。

 

聴覚障害者向けの茶道紹介をする機会があるそうで

お茶を点てるデモンストレーションを

社中の皆で聴くことになりました。

 

 

茶道とは、歴史から禅に通じる引き算の美であり

日本人の美意識を変えた総合芸術であること。

 

その中でも、音による合図を細やかに紹介

目を閉じて耳を澄ませること約30分。

 

釜から湯が沸く音 茶人は「松風」と言いい

蓋置に柄杓を置く音 全員で総礼の合図

服紗さばきの音 茶入れ茶杓を清める

湯を汲み茶筅通しの音 菓子を頂く合図

抹茶を入れ、湯を注ぎ茶筅でたてる音

客が茶を吸い切る音 感謝し飲み終わりの合図

 

など、最後の道具拝見まで

静謐なお点前の中にも、様々な音が溢れています。

まるで「聴く瞑想」のようでした。

 

意識を集中し、さらに研ぎ澄ませるとこで

聴覚だけで感じる茶道の世界観に触れる。

また違った茶道の楽しみ方がそこにありました。

 

余談ですが・・・

沸騰した湯を注ぐ音と、水を注ぐ音

まったく異なることに驚きです!

 

 

| - | - | 18:31 | category:  茶 道 |
# 節分のお稽古
JUGEMテーマ:茶道

2月初日の茶道のお稽古は、節分の日でした。
朝からとってもいい天気。
着物でお稽古に行くので晴れの日は気分もUPです。

今日は節分の日で、明日は立春です。
稽古場には「立春大吉」のお軸が。
立春の早朝、禅寺では厄除けのために門に
「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣がありました。





立春は、冬が終わり春が始まる節目の日です。
昔は一年の始まりと言われていました。
立春の前日の節分には、豆をまいて邪気を払い
厄がきませんようにと願いを込めて
「立春大吉」のお札を張り出したそうです。

稽古場では毎週、季節に合わせてお軸が変わります。
日本の四季って素晴らしい。

今年も大吉な一年になりますように!


2015年2月 レッスンスケジュールヨガ
 Yoga with kids(お子様連れ)  Open!

 
| - | - | 20:06 | category:  茶 道 |
# 夏の茶花
JUGEMテーマ:茶道

暑い盛りのこの季節、茶花集めには苦労します。
茶道の研究会で、適さないないかもと思いつつ
育てていたハイビスカスを持参しました。




「マドンナ」といって、花全体が丸いのが特徴です。
淡い色みの花びらがとても儚げ。
実際に、朝に開花して夜には落花してしまいます。

ハイビスカスは、アオイ科のフヨウ属で
和名を「仏桑華 ブッソウゲ」といいます。
確かにフヨウの花に似ていますね。
もちろん、茶花として大丈夫でした。

ハイビスカスの伝来は、インドや東南アジア方面から
まず琉球王朝に伝わったそうです。
琉球は、1609年に島津藩が出兵し付庸国となりました。

「博物全書」によると、1614 年(慶長19 年)に
島津藩が、マツリカの花と共にハイビスカスを
家康に献上したと記されているそう。
当時はとても価値のある花だったのですね。

この年は大阪冬の陣、翌年は夏の陣の時期です。
どちらも島津藩は参陣していません。
歴史と花の伝来を合わせてみると面白い♪


8月レッスンスケジュールヨガ
Yoga with kids(お子様連れ) 8月から Open!
| - | - | 18:48 | category:  茶 道 |
# 茶道の市民講座
JUGEMテーマ:茶道

昨日「茶の湯文化にふれる市民講座」に参加しました。

まずは呈茶をいただいて



ホールでは、吉兆の茶懐石のビデオ上映を見て。
春には、師の還暦茶事の水屋手伝いを経験していた為
なるほどと思う事が多く、とても勉強になりました。


午後からは、友人と天神の“
THE GARDEN”へ。




外観の緑化がとても美しいレストランです。
お料理もとってもおいしかった♪

充実した「海の日」を過ごしました。


7月レッスンスケジュールヨガ

 
| - | - | 15:24 | category:  茶 道 |
# 音読み!

イメージ写真
                 イメージ

茶道を習って十数年になります。
が、茶道歴でいうとまだまだひよっ子。

先日のお稽古で、”茶杓飾り”の亭主をしました。
”茶杓飾り”とは習い事十三か条の中の一つで
名物など、由緒ある茶杓を床に飾るものです。

拝見が終わった後、正客からお尋ねがあるので
茶杓の作(削った人)、筒書き(銘を書いた人)を
亭主が言うのですが・・・。

私 「○○作、銘は一期一会、
   筒書きは紫野まさみち(昌道)です。」と

師「・・・。昌道=しょうどう と読みます。」

恥ずかしい。皆さん大爆笑です。

茶道とも昔から縁が深い、京都大徳寺の和尚様を
まるでご近所の「おじ様」のように
読んでしまいました。

音読みを学びました。
もう間違えません!




 
JUGEMテーマ:茶道
| - | - | 10:30 | category:  茶 道 |